プロローグ  助走   6月                        

2005年6月25日(土)
ここからは埼玉幸手までのコース



 金町旧葛飾大橋を過ぎると
川むこうは一枚の画のように松戸市が展望できる
しばらくぶりに走る

埼玉との境で
この先は三郷、吉川、野田へと続く
42Kmのコースが待っている
走れるだろうか?

途中気になることがあった
にわかゴルファーの非常識とマナーの悪さだ
5mの至近距離にあるのにゴルフボールを打ったのだ
私は左足大腿部に直接あたった事がある
幸い青あざで済んだが
厳重に注意をした
あやまって済むことでは無い

相変わらずどこかで工事が行われている
江戸川は工事が休むことが無いのだろう
岸辺を石ブロックで守ろうというもの
頑丈、凡そ自然からかけ離れた岸辺だ
葦原はない

僕はこの10kmコースはあまり好きではない
4.7Kmの折り返しで9.4Kmだから
あと600mが残る。
それと人が少ないから寂しい
単調な景色は気合が入らない

結局、600mを残してしまった














2005年6月19日(日)
 水元公園の菖蒲

今日、2週ぶりに走る
水元公園の菖蒲はどうだろうか?

身体全体が重い
持久力、スピード、距離を伸ばすには
週2回〜3回の走りが必要なのに
まだ先か?


公園が見えてきた
菖蒲を楽しむ人達で賑わっている
携帯で写真を撮る
夕方のせいか露出が難しい
しかし、自動だから仕方がない

菖蒲の花は美しい
紫、白、青、ピンク、
最高の美しさを写真に収めるのは困難だ
心の中に残すしかない

ところどころ
紫陽花が咲いている

我に返る
折り返し5キロだ

だいぶ暗くなった
後半は足が重い
やっとたどり着いた

暗い闇の中から孫の声が響いた!
ジージー がんばれ!
マンション5階のベランダから叫んでいる
こんな暗い中を見つけるなんて

お風呂に一緒に入ると待っていたのだ
なんと可愛いい!
いい汗をかいた。



2005年6月12日(日)
還暦高校3年生・江戸川・篠崎方面をはしる?         自転車で鍛えるが!      

 今井橋の手前までランニングではなく
サイクリング車で走る
久しぶりに見る風景はすがすがしい

柴又の北総線の橋を過ぎると小岩
菖蒲祭りで賑わっている

ちょうど野球少年のお弁当の時間で
楽しそうに食べている
僕もお腹がすいた
のども渇いた
ペダルをこぐ足と身体は汗でいっぱいだ

総武線の陸橋を過ぎると江戸川病院がみえ
その先はもう篠崎だ

4キロも走ると江戸川水門である
そこにあるポニー牧場は折り返すと
15キロのランニングコースだ
左へ行徳橋、河口へは3キロ

右に道路に沿って行くと今井橋となる

篠崎高校、スポーツセンターを過ぎ篠崎4丁目。
40年ぶりとなろうか高校時代の友に会う
しかし、住所も古いので電話ボックスで探す
幸い新しい番地と電話が見つかった

1分も遅かったたら会うことが出来なかったようだ
ちょうど出かける寸前で玄関のドアを閉めていた
のどが渇いてたのでビールは美味い
びっくりすることばかりの話だ!
さらに江戸川の友にも会えた
クラスメートの連絡もつくとのこと
みな元気!、この先は折り返し!
高校の友、私も還暦!
有意義な時代を生きよう!
再会は近い


 今乗っているサイクリング車は
11年乗っている、ホノルルマラソンに出るため
太股強化のめに買った
半年分の定期代6万円で買った(会社規定外?)
4月から半年間自転車で通う
雨の日もある
自転車はとても危ない

スリップで何回か転ぶ
ガソリンスタンドの前はとても危険
溝が鉄製やゴムでその上でハンドルを切ると滑る
思い出すと怖くなる
何度か転び怪我をした

半年の間に大きな事故が
言問橋の手前で起きた
右角からタクシーが飛び出し
ドーン
運転手は水戸街道に出るため
右からの直進車を確認して
そして左を確認する寸前におきた
そのとき運転手の顔と目の動作が見えた
完全にぶつかる

ドーン、タクシー左ドア−まえの前輪に衝突!
直後、巻き込まれ自転車はつぶれる
身体は飛ぶように回転、道路に倒れた
不思議と無傷
僕は徐行で停止できる状態だったから
これですんだと思う
タクシーは一時停止違反

運転手の話では最後の客を降ろし
帰る所だったようだ
飯田橋の会社まで送ってもらう
結局自転車走は危険が
いっぱいだった


2005年6月5日(日)
水元公園の菖蒲祭りに菖蒲なし?

 
  携帯を右手に持って走る!

僕はころんだ時反射的に左手が利く
なんどか走ってて解かっている

夕方は薄暗くなっていくため目の感覚があやしい
段差は感覚着地となる。5cm位が危ない。
あっという間に1回転してしまう
その時、左手、右手の受身が自然に出来る
これは走って得た体の筋肉と反射神経のおかげ

携帯は今まで持って走ったことはない
カメラがあればチャンスを捉えられる
今日の水元公園は静かだ
祭りの堤燈だけが風にゆれている
カラオケ大会も終わり舞台にポスターだけが
歌っていた。

菖蒲はまだ先のようで咲いていない
むりに写真を撮るのも変な気がする
無理に撮った1枚削除

中途半端な夕方
家族は心配していた
時間がたったようだ


2005年5月28日(土)
10kmを走る!


 とうとう、やっと、走った

仮称柴又水路で子供達が魚を捕っている
網に掛かったのはなんとブラックバスだ
5〜6cm程だがたくさんいるようだ
これは大変、魚の天敵だからだ

新八水路のそばまで来ると腐った臭いがする
30cmぐらいのフナが死んでいた
いつもの熊手を使いすくい上げた
その瞬間に人差し指と中指の間に何かが
刺さった
5ミリ程の枯れた葦である
あわてて抜き取る
フナを江戸川へ流すのと
血を止めるのに手間取った

気を取り直して水元公園へ走った
菖蒲祭りの堤燈が風になびいている
この時期の水元公園はとても好きだ
菖蒲の花を気にすることもなく
むちゅうと言うか忘れている

公園の入口を折り返し
柴又までやっと辿りついた
しばらくぶりに走った10km


 
 マラソンを始めたのは腰痛がきっかけであった。
37歳のときで、もう23年前のことになる。
 腰痛は椎間板ヘルニアで重症だから手術か何らか手当てをしなければならない。

 10年前の50歳の12月とうとうホノルルマラソンを完走した。 タイム4時間42分。
思い出すと物語のようにも劇のようにも思える。
 
 激痛が走って動けなくなったあの日
ちょうどいまの季節であったと思う。

方眼紙に記録をする
1mmが1km  1cmで10km



37歳の5月6月は10m、100m、500m
と徐々に距離を伸ばす
腰は抜けるような痛みだ
2005年5月21日(土)
なかなか走れないが!


 どうしたことか、

5月は3回しか走っていない。
解かっているのだが。

主な原因は切り替えが出来ないのだ。
なんのために走るのか?
どうしたことか江戸川の岸辺に、
気がいってしまう。

カンやペットボトルが、
目に入るとスットップしてしまう。

手に一杯つかみゴミ箱まで走る。
この気持ちが。

ゴミ掃除をしない
篠崎の方向へと思うが、

出来ないのだ。

こころの変化は何時の日だろう。



2005年4月30日(土)
走る感覚

連休がはじまる、しかし
旅行などの計画はない
孫が生まれて1月もたたないし
妻はパートで連休返上だから

だからのんびりと自分の時間がとれる
そうだ、やらねばならない
部屋のクロスの汚れ
ベランダ、必要のない資料や本
ホームページのリニュアール
写真撮りがある

どれも気分が乗らないと出来ない
どうもリズムが決まらない
走ることも

4月の最後となってしまった
寅さん記念館の駐車場から走りはじめる
矢切の渡し場は観光客で賑わっている
しかし、2艘だ
例年なら3艘だが
今年は少ない

岸辺を走る
菜の花も咲、鳥の声やグランドからは
野球少年のかんだかい声が飛んでくる

風はランニングパンツがに合う
バイパスを折り返す
残る3kmを走る

江戸川の土手を下りる
上る
だんだん足に負荷が掛かる
そして、汗、息、からだが熱くなる

後ろから若者が追い越していく
そして、前の誰かを抜いたりする

これからも繰り返すだろう





 
             原田氏 撮影050424
2005年3月28日(月)
このブランクはなんだろう!?


 半年も経ったのだが
走ることをあきらめたのではない。

2005年3月27日午後3時とうとう走った。
そして、28日5kmを走る。
走る感触は変わらない。
距離は少ないがいよいよ始動だ!

2004年9月24日(金)
養老の滝は泉の滝

 友人と3人で懇親の時間をとる
二人は野球チームで熟年パワーを発揮している
どうしたことか他のテーブルにもユニフォームが
10人ぐらいいただろう、10時を過ぎているから
いったい何時から飲んでいたのだろう!

さて、それはどおでもいいことだが。
話がお店のママの話題になった。
美人、スタイルバッチシ!。

にやにやしてる二人?
二人はよく合うらしい。それも、江戸川の土手で!
なんとマラソンなのだ!
何時の日か一緒に走れるかも?

今は無理だから

2004年9月11日(土)
釣り師、柴谷(シバヤ)様


 データ送付ありがとう御座います。
11日は午後2時ごろから久しぶりに江戸川土手を走りました。
大潮、干潮の時刻でした。

気になるゴミは少なく金町浄水場付近はとても綺麗でした。
しかし、バイパス陸橋北側ゴルフ場の川辺には大量のゴミが溜まっていました。
江戸川から水元公園に向かい新しく拡張された蓮池を走り抜け、
杉林、ドングリ、の木々は秋を迎え始めました。

帰りに16cmのハゼを釣った方がいました。
写真が無いのが残念です。
 
大物ゲットに期待大!

2004年9月14日(火)
江戸川を走る!Web日記スタート

 恥ずかしいことになるだろう。きっと!。
毎日書かなくてもいいようにジョギング日記と決める。
そう、週に1〜2回だからなんとか!
駆ける(走る)書ける(欠ける日)。


走り始めたのは21年前になる。
でも、この1年位は月に数回となってしまいました。


9年前にホノルルマラソンに挑戦。

その後、少しずつ走る距離が減っていきました。
Web日記でスタートしよう!